クロガキ

「カキ」のなかで、心材に黒色の縞や柄が生じ、部分的に一面黒色となった材を「クロガキ」と称して珍重されます。産出量は極めて少なく、銘木の中でも高級材として扱われます。油脂分が多く、乾拭きをするだけで美しく光沢が出てきます。



もどる